一人暮らしのインテリア

一人暮らしを始めるとき、始めて一人部屋をもらったときのように家具選びや配置に、とてもワクワクするものです。同じ部屋でもインテリア次第で、部屋が広く見えたり狭く見えたり、また、明るく見えたり暗く見えたり変わってくるのです。やはり同じ部屋なら広くて明るく見せたいものです。 まず、部屋を広く見せるコツですが、背の高い家具をおかないことです。以前、私は部屋の入り口に小さな自分と同じより少し高い目の服かけを置いていて、模様替えのときにどかしたのですが、こんなにも違うのかというほど、入り口からの眺めががらりと代わり、かなり開放的になりました。ですので、特に入り口付近には視界をさえぎるようなものはおかないようにすることです。また、家具の色はできるだけ壁や床の色と似ている色を使うことで、部屋を広々と見せることが可能です。 次に部屋を明るく見せる方法です。壁の色を白く塗るなどの方法が真っ先に浮かぶと思いますが、賃貸の一人暮らしの部屋ではそんなことはできません。まずはカーペットを暖色の淡いパステルカラーなどに変えてみることです。他にも観葉植物を部屋のすみにおくだけで、かなり明るい雰囲気になります。また、間接照明を設置すると雰囲気もおしゃれになりますし、一石二鳥ですよ。

 

一人暮らしの家具選び

私は家具の販売に従事しており一人暮らしの方の家具選びのお手伝いをすることが度々あります。たまに豪華な一人暮らし(まるで新婚さんのような)の方もいらっしゃいますが、平均的には6~7帖のワンルームマンションに住まれる方が多く、家具選びには慎重になられています。狭い空間を出来るだけ快適にするには、色んな工夫が必要になります。 いつもお勧めする家具は、まずベッドの関してはハイタイプのロフトベッドよりはベッドの下にたくさんの収納がついたチェストベッドです。ハイタイプのベッドは下が有効に使えて便利なように思いますが、実際においてみると圧迫感が半端なく、上がり下りにも苦労するのです。箪笥を別に置くよりは箪笥を兼ねたチェストベッドが便利なのです。 テレビ台は出来るだけ横幅の小さいものがお勧めです。これも下に収納が出来るタイプが使い勝手が良いのです。印鑑や通帳などの小物の収納を出来るタイプにするこで、大切なものの整理が出来ます。 キッチンに関してはこれも横幅をあまりとらないレンジ台が便利です。食器や調理器具をまとめて収納できるとすっきりまとまります。 色合いを統一することで部屋が広く見えて、ワンルームでも圧迫感なく住めるのです。一人暮らしの家具選びの参考にしてください。

Recommend Site

日本ソフトウェアデザイン株式会社;まとめページ
シェアハウスの生活を楽しみたいなら|アニモ企画
期間工の求人情報サイトの中で一押しです:グッジョブナビ
おすすめの看板屋です/美さいん
カウンターチェアの通販で見つけよう【エンジョイホーム】

一人暮らしはいいことかな

私は昔から親のすねをかじって実家にずっと住んでいたのですがなぜそうしていたかというとやはり、一人暮らしというものがしたくなかったからであります。
一人暮らしでもし幽霊などが出るような物件だ…